スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潮文庫の100冊 

某SNSでみつけた「どれだけ読んでる?新潮文庫の100冊」が面白そうだったのでやってみました。やはりと言うか思った通りの結果(笑)。

☆=既読 ×=未読  他社刊や翻訳者が別人の本であっても同じ作品なら既読に入れる

 

 

【名作】

  • ☆001.夏目漱石『こころ』 
  • ☆002.夏目漱石『坊っちゃん』
  • ☆003.川端康成『雪国』
  • ☆004.森鴎外『山椒大夫・高瀬舟』
  • ☆005.芥川龍之介『羅生門・鼻』
  • ☆006.芥川龍之介『蜘蛛の糸・杜子春』
  • ☆007.太宰治『人間失格』
  • ☆008.太宰治『走れメロス』
  • ☆009.坂口安吾『堕落論』
  • ×010.中島敦『李陵・山月記』
  • ×011.谷崎潤一郎『痴人の愛』
  • ☆012.三島由紀夫『金閣寺』
  • ☆013.高村光太郎『智恵子抄』
  • ☆014.伊藤左千夫『野菊の墓』
  • ×015.梶井基次郎『檸檬』
  • ☆016.島崎藤村『破戒』
  • ×017.三浦綾子『塩狩峠』
  • ×018.遠藤周作『沈黙』
  • ×019.井伏鱒二『黒い雨』
  • ×020.城山三郎『硫黄島に死す』
  • ×021.新田次郎『八甲田山死の彷徨』
  • ☆022.壺井栄『二十四の瞳』
  • ☆023.江戸川乱歩『江戸川乱歩傑作選』
  • ☆024.松本清張『点と線』
  • ×025.井上靖『風林火山』
  • ☆026.司馬遼太郎『燃えよ剣』
  • ☆027.安部公房『砂の女』
  • ☆028.小川未明『小川未明童話集 赤いろうそくと人魚』 
  • ☆029.宮沢賢治『新編 銀河鉄道の夜』
  • ☆030.柳田国男『日本の昔話』
  • ×031.向田邦子『思い出トランプ』
  • ×032.宮本輝『螢川・泥の河』

(21/32)

【現代文学】

  • ×033.江國香織『神様のボート』
  • ×034.梨木香歩『西の魔女が死んだ』 
  • ×035.石田衣良『4TEEN』
  • ☆036.湯本香樹実『夏の庭 -The Friends-』
  • ×037.いしいしんじ『ぶらんこ乗り』
  • ×038.森見登美彦『太陽の塔』
  • ×039.重松清『くちぶえ番長』
  • ×040.重松清『エイジ』
  • ×041.恩田陸『夜のピクニック』
  • ×042.川上弘美『ニシノユキヒコの恋と冒険』
  • ×043.中沢けい『楽隊のうさぎ』
  • ×044.山田詠美『ぼくは勉強ができない』
  • ×045.吉本ばなな『キッチン』
  • ×046.角田光代『キッドナップ・ツアー』
  • ×047.斎藤綾子『愛より速く』
  • ×048.唯川恵『ため息の時間』
  • ×049.佐藤多佳子『黄色い目の魚』
  • ×050.村上春樹『海辺のカフカ』
  • ×051.本多孝好『真夜中の五分前』
  • ×052.荻原浩『コールドゲーム』
  • ☆053.伊坂幸太郎『重力ピエロ』
  • ☆054.宮部みゆき『火車』
  • ☆055.畠中恵『しゃばけ』
  • ×056.松久淳・田中渉『天国の本屋』
  • ×057.北村薫『スキップ』
  • ☆058.乃南アサ『凍える牙』
  • ☆059.小川洋子『博士の愛した数式』
  • ×060.赤川次郎『ふたり』
  • ×061.上橋菜穂子『精霊の守り人』
  • ×062.瀬尾まいこ『卵の緒』
  • ☆063.星新一『ボッコちゃん』
  • ☆064.星新一『ブランコのむこうで』
  • ×065.吉村昭『破獄』
  • ×066.筒井康隆『愛のひだりがわ』

  (8/34)

【海外文学】

  • ☆067.アンデルセン『絵のない絵本』
  • ☆068.ヴェルヌ『十五少年漂流記』
  • ☆069.カフカ『変身』
  • ☆070.カミュ『異邦人』
  • ☆071.ヘミングウェイ『老人と海』
  • ☆072.リチャード・バック『かもめのジョナサン』
  • ☆073.ヘッセ『車輪の下』
  • ☆074.ドストエフスキー『罪と罰』
  • ×075.トルストイ『人生論』
  • ☆076.ゲーテ『ゲーテ格言集』
  • ☆077.フランソワーズ・サガン『悲しみよこんにちは』
  • ☆078.スティーヴンソン『ジーキル博士とハイド氏』
  • ☆079.B・シュリンク『朗読者』
  • ☆080.コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの冒険』
  • ☆081.サイモン・シン『フェルマーの最終定理』
  • ☆082.レイチェル・カーソン『沈黙の春』
  • ☆083.スティーブン・キング『ダーク・タワー』
  • ☆084.ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』 
  • ☆085.ドナ・ウィリアムズ『自閉症だったわたしへ』
  • ☆086.サン=デグジュペリ『星の王子さま』 
  • ☆087.モンゴメリ『赤毛のアン』 
  • ☆088.ジュンパ・ラヒリ『停電の夜に』

  (21/22)

【エッセイ・ノンフィクション】

  • ×089.江國香織『雨はコーラがのめない』
  • ×090.梨木香歩『ぐるりのこと』
  • ×091.藤原正彦『若き数学者のアメリカ』
  • ×092.小澤征爾『ボクの音楽武者修行』
  • ×093.沢木耕太郎『深夜特急』
  • ×094.須川邦彦『無人島に生きる十六人』
  • ×095.田口ランディ『できればムカつかずに生きたい』
  • ×096.中山庸子『心がだんだん晴れてくる本』
  • ×097.大平健『診察室にきた赤ずきん』
  • ×098.河合隼雄『こころの処方箋』
  • ×099.岩合光昭・岩合日出子『海ちゃん─ある猫の物語─』
  • ×100.大谷英之・大谷淳子『ありがとう大五郎』
  • ×101.さくらももこ『さくらえび』
  • ×102.ビートたけし『菊次郎とさき』
  • ×103.おーなり由子『天使のみつけかた』
  • ×104.白洲正子『白洲正子自伝』
  • ☆105.塩野七生『ローマ人の物語 ローマは一日にして成らず』

  (1/17)

 

105作品中51冊、過半数に届かず。しかも日本の現代ものとノンフィクションは絶滅に近いです…

まあ趣味だしね、いいか。

と思いつつも海外文学で唯一の×、トルストイの「人生論」が惜しくてなりませぬ(笑)。

 

トルストイは「アンナ・カレーニナ」の読了後に、自分には合わないぞと思って止めちゃったんですよね。でも最近読んだ「イワン・イリイチの死」がとっても良かったので、機会があったら晩年の作品を読みたいなと思っていたのだ。この「人生論」も妙に心惹かれるし、早速リストに入れておこう。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。