スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国紳士、エデンへ行く 

マシュー・ニール/著 宮脇孝雄/訳 早川書房

 

タイトルや出版社の紹介から予想していたのとはかなり違った。でも買って良かった~。

約20人の登場人物が交互に語り手を務める構成。このあたりは巧みですね。一人一人の性格が浮き彫りになって、この長さなのに飽きずに読み進まてくれます。

 

物語の始まりはヴィクトリア朝英国。ひとりの石の収集を趣味とする牧師が、ある日地質学の書籍を読み義憤にかられるのだ。「神がこの世界を作りたもうてからまだ六千年しか経っていない。なのに十万年前の時代の石灰岩だって?ありえない!」

彼は自説を発表し、聖書に書かれている「真実」を受け入れようとしない地質学者たちと論争を繰り広げる。果ては「エデンの園はタスマニアにある」と主張し、それを裏付けるために南半球への探検を決意するのだ。

 

。時代が生んだ、偏狭な信念を持つ人は彼だけではない。本書に登場する白人たちは、人種的偏見に凝り固まった医師、タスマニア原住民アボリジニの人々を救うためにと本来の住処である森から引き離し、キリスト教と“文化的な”生活を押し付ける移住者など、みな多かれ少なかれこの傾向を持っている。もう小さな親切大きな悲劇。それが原因で、たった50年でひとつの種族が滅亡してしまうのだから狂信者恐るべし!なのでる。

 

重くなりがちな物語を救っているのは、マン島出身の遠征船の船長以下乗組員たちだろう。元々が密輸を企てたものの思うように行かず、雇い主を探すまでに追い詰められた小悪党共なのだが、彼らは自分自身の信念を大事にし、他人のことには口を挟まない。とにかく密輸品を捌いてマン島に帰還するだけが目的なのだ。このあたりは英国風スラップスティック風味が利いていて、この物語の清涼剤となっている。彼らは最後の最後までブラックな笑いを振りまいてくれています、ありがとう。

 

そしてもう一人、大きな位置を占める語り手がアボリジニと白人の混血として生まれた少年ピーヴェイ。彼の一代記だけでも読み応えのある小説になりそうだ。

 

読後感は決して良いとは言えないけれど、それでもとても読み応えがあり引き込まれる。万人向きとは言い難いだろうが、正に帯に書いてある「物語を読む楽しみに溢れた」本でありました。

 

 

英国紳士、エデンへ行く (プラチナ・ファンタジイ) (プラチナ・ファンタジイ) 英国紳士、エデンへ行く (プラチナ・ファンタジイ) (プラチナ・ファンタジイ)
マシュー・ニール (2007/10/25)
早川書房
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。