スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マシアス・ギリの失脚 

池澤夏樹/著 新潮文庫 

(以下、ネタバレ注意)

舞台は主に3つの島からなる南洋の国ナビダード。珊瑚礁に囲まれた豊かな海に肥沃な大地、人口はたった7万人。充分に自給自足できる環境である。
それでも移り変わる世界情勢は、この国の孤立を許さない。大航海時代のスペインから始まり、現代ではアメリカと日本のどちらの庇護を受けるべきか、この国の3人の歴代大統領は悩み選択し、国際的な立場を維持しようと努力を続ける。

この作品は、2代目大統領であり一度選挙で敗北したもののまた返り咲き、事実上の独裁者となったマシアス・ギリの物語。青年期に日本で教育を受け、帰国後は消費文化の波に乗り成功を収めた実業家でもある。彼の人生そのものも面白くて充分に読み応えがあるのだが、この本の魅力は何といってもナビダード国そのものと無名の国民たちだろう。

最初に紹介されるこの国独特の生死感、市場で交わされる噂話、「消えたバス」に対する態度などから浮かび上がる、精神的に成熟しきった人々の姿。表で彼らを支える長老議会もさることながら、この国の根本はやはり八年に一度行われるユーカマイカの神事だろう。数万の人々が大巫女と同化し、他人と我が身を比べることは無意味となり、人と動植物との境界は消え、個々の存在は神の意識の中で一体となる。

食に困ることもなく、精神的にもこれ以上望めないほど豊かな人々にとって、政治や諸外国の動向や金銭的な成功に何の意味があるのか?

それを考える時、この作品の「幻想」は、神話や説明のつかないバスの失踪事件や飛び交う蝶ではなく、マシアスを初めとする政治家たち外国人たちのほうなのではないか…そう感じるのだ。

けれども最後の数ページは、それらの想いを打ち破ってしまう。余韻に浸る間もなく現実の世界を突きつけてくるのだ。このラストがなければ…せめて読まずに済ませることが出来れば…。少々残念。

マシアス・ギリの失脚 マシアス・ギリの失脚
池澤 夏樹 (1996/05)
新潮社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。