スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべての火は火 

フリオ・コルタサル/著 木村 栄一/訳 水声社


ごく普通の日常が非日常と繋がり重なり合う、道を歩いているうちにいつの間にか道路から半歩外れている…そんな雰囲気の8編の短編を収録。

「南部高速道路」
秋に始まり春にやっと解消される渋滞、その中で起きる人間模様と芽生える愛、そして諍い。登場人物の描写は薄いが、それが物語そのものの幻想的な雰囲気を盛り上げている。ラストの空虚さが心に残った。

「病人たちの健康」
重症の母への気遣いが、いつの間にか周囲の者を巻き込み新たな現実を作り始める…痛々しくも滑稽で哀しい。

「合流」
これを理解するほどに南米の歴史について知識がなかったのが残念。苦手な戦争ものということもあって表面的なところしか読めなかった。

「コーラ看護婦」
この作品集の中では一番普通っぽい?それでも夢の中で濃霧に阻まれ前に進めないときの感覚を思い起こさせる。

「正午の島」
読み手によって幾通りもの解釈が出来そうな作品。島への憧れを喚起したものは?島に滞在したのは?そして流れ着いた男は?そのままさっと読めば流してしまえるが、気になったら最後考え込まされる。

「ジョン・ハウエルへの指示」
客席と舞台の境、現実と虚構の境が消えうせる怖さ。底なし沼に落ち込むような感覚にさせる作品。

「すべての火は火」
ありがちな三角関係が過去の悲劇と融合する。センテンスの途中で唐突に場面が転換し、重要な出来事が行間でのみ語られ、最後の火に終結する。個人的には好みの物語ではないけれど、手法は凄い。

「もうひとつの空」
ガス燈に照らされた商店街での噂話と、そこに見え隠れする殺人者の影と南米人。異次元のその空間にいとも簡単に出入りする青年。これも複数の解釈が可能なのだろうが、そのまま雰囲気に浸るだけで充分かも。一番好みに合う物語だった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。