スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大統領の最後の恋 

アンドレイ・クルコフ/著 前田和泉/訳 新潮クレストブックス

一人の男性の半生を三つの時系列-旧ソ時代末期(1975~92)ウクライナ独立後(2002~05)そして未来(2011~16)-に分けて交互に書き綴っている。
これは構成の妙だろう。青年期の主人公の姿を見て、この人が大統領に?と感じてしまうし、だからこそ何故彼がその地位に登りつめたのかが早く知りたくて、ついページを繰る手が早まる。大統領になってからの彼は一人身なのだが、そうするとこの女性は?あの女性は?子供は?…そしてまた夢中で読みふけることになるのだ。

これが時系列通りに書かれていたら、ここまで夢中になれたか?いえ、物語自体もとても面白いのでこの厚さでも飽きることはないでしょうが、読了までに少なくても倍の時間がかかったと思う。

主人公セルゲイは、ナイーブで優しい、優柔不断とも言えちゃうような、何処にでもいそうな男性。しかし周囲にはなかなか癖のある人間が集まる。
大統領就任後に心臓移植を受けるのだが、これがまた一癖もふた癖もある心臓だ。
緊迫する政治情勢の中、政敵が思いもよらぬ攻撃をかけてくるし、周辺諸国もとんでもない事件を起こすし、ロシアには頭が上がらないし、国内では宗教問題や政治家同士の足の引っ張り合いやら…と、シニカルでユーモラスで楽しいのだけど、ロシアウクライナ情勢に疎いため、一番面白い部分が理解出来ていない気がする…ちょっと(かなり)残念。

600ページを越える大作だし一気読みは難しいだろうが、ラストを充分に堪能するにはやはり間を空けずに読むほうが良いだろう。3日間かかりきりになったけどその甲斐はありました。おすすめ!


大統領の最後の恋 大統領の最後の恋
アンドレイ・クルコフ (2006/08/30)
新潮社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。