スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でかした!ジーヴス 

P・G・ウッドハウス/著 森村たまき/訳 国書刊行会

今回は11篇収録の短編集、そのうちの2編が文藝春秋版の「ジーヴズの事件簿」と重なっている。それも冒頭に収録と来たもんだ。
…はい、焦りましたよ二度買いしちゃったかと思って(笑)。でも大丈夫、ダブっているのはお気に入りの作品だし、他の作品も結構粒揃い。特に「愛は全てを浄化す」なんて、古い映画のファンなら感涙もの。リリアン・ギッシュにグレタ・ガルボ、極めつけはクララ・ボウ!映画が娯楽の王様だった時代ならではの話ですね。「ビンゴ夫人の学友」も、うーイジワルだ!と思いながらも笑っちゃったし。あ、でも第一話のタイトルは「ジーヴスと迫りくる運命」よりも文春版の「バーティー君と白鳥の湖」のほうが良かったな。

兎にも角にも、ワンパターンの楽しさ、ジーヴスの慇懃で七面倒くさい言葉遣いの面白さ、奇人変人の大盤振る舞いと、今回も充分満足させて頂きました♪次回、ウッドハウスコレクション第6弾「サンキュー、ジーヴス」は12月刊行予定だそうです。同じ月には文藝春秋からスミス氏が出るので、正月はウッドハウス三昧かな~♪いや、年が明けるまで持たないような気もするが…(笑)。


収録作品
ジーヴスと迫りくる運命/シッピーの劣等コンプレックス/ジーヴスとクリスマス気分/ジーヴスと歌また歌/犬のマッキントッシュの事件/ちょっぴりの芸術/ジーヴスとクレメンティーナ嬢/愛はこれを浄化す/ビンゴ夫人の学友/ジョージ伯父さんの小春日和/タッピーの試練


でかした、ジーヴス!―ウッドハウス・コレクション (ウッドハウス・コレクション) でかした、ジーヴス!―ウッドハウス・コレクション (ウッドハウス・コレクション)
P.G. ウッドハウス (2006/07)
国書刊行会
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。