スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蝿 

ジョルジュ・ランジュラン/著 稲葉明雄/訳 早川書房

最初にこれの文庫を買ったのは、映画「ザ・フライ」の公開直後でした。今調べてみたら1986年の映画だから、翌年公開&出版されたとしても18年も昔の話。それに、後に紛失してしまったので、表題作「蝿」以外の記憶は朧…覚えている作品も、印象に残っていた読後感と今感じるものが微妙に違うんですよね。だから長い空白の後の再読って面白い。

「蝿」
まあ、大筋は覚えていたので安心(笑)。しかし…初読のときは思わなかったけど、トウィンカー警部っていい味出していたのね。

「奇跡」
これも印象が強かった作品。皮肉と言うか、かなり意地悪だよねこれは(笑)。しかし10数年の月日は、読み手の受け取り方を変えてしまったのだ。以前は主人公の嫌らしさに嫌悪感を抱き、ラストににんまりしたのだったが…今は奥さんが気の毒にも感じる。

「忘却への墜落」
これはすっかり忘れてた。同情の余地はあるか…?いや、あまりないな、どっちにも。だからこそ面白く読めるのかも。

「彼方のどこにもいない女」
これも忘却の一編。
だけど忘れていて良かったかも…かなりきついですね、これも。メアリイの仲間達はこれを予期していたのか?うーむ。

「御しがたい虎」
虎の身になって考えると思いっきり頷ける(笑)。ランジュランの書く人間は、善人なんて間違っても言えないけれど、妙にかわいらしかったりするんだよな…。

「他人の手」
これは初読のときも衝撃だったけれど、十数年を経ても同じでした。下手な理屈をつけないで戦慄を楽しむ一編ですね。しかし…こわい。

「安楽椅子探偵」
ほのぼの感の漂う、優しい味わいの作品。この短編集の中では異色かな(笑)

「悪魔巡り」
犬が出てくる短編が多い。で、犬は仲間猫は敵…著者の好みですかな、他にも散見。だけど、洗礼受けてると駄目なの?だったら、悪魔さんって昔は獲物見つけるの大変だったろうなぁ。異教徒でも可?

「最終飛行」
これも「安楽椅子探偵」と同じく暖かい雰囲気。あっちほどほのぼのではない…かな。でも静かで優しい作品だ。アホウドリの登場では「マロリオン物語」を思い出したけれど、西欧でのアホウドリってこういう印象なのかな。

「考えるロボット」
残念ながら古びてしまった作品。当時読んだら面白かったんだろうけど…でもサスペンス度は一番です。

10数年あけて読んで自分の記憶力の乏しさに涙した作品でしたが、忘れてたからこそまた楽しめた訳で…ま、いいことに(笑)。
1950~60年代の短編ってやっぱり好き、一番自分に馴染むように思います。ジョルジュ・ランジュランは、いまだに邦訳されない作品のほうが多いのだけれど、最近この時代の小説が相次いで出版されていることだし、これを機会にもっと邦訳して欲しいものです。


蝿(はえ) 蝿(はえ)

ジョルジュ ランジュラン (2006/01)
早川書房
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。