スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミステリ 

長編ミステリ

 

象牙の塔の殺人 The Death Dealers (1958)  
創元推理文庫 ISBN4-488-16706-3 1988年発行 

大学の構内で、1人の学生が毒ガスを吸って死亡した。当初は事故か自殺とみなされるが、指導教官のブレイドは死因に疑問を抱く。疑問を抱いたきっかけが「化学を学ぶ者が特性の違う酢酸ナトリウムとシアン化ナトリウムを間違える筈がない」ですからね…。流石生化学教授アシモフ博士初のミステリ長編小説。

 

ABAの殺人 Murder at the ABA(1976)
創元推理文庫 ISBN4-488-16704-7 1979年発行 

ABA(アメリカ図書販売協会)の年次大会で起きた殺人事件。作家ダライアス・ダストは第一発見者となってしまう。更に被害者を作家に育て上げた経緯もあり、独自に調査を始める。
ミステリなのですが、アシモフ本人が出てくるは、ハーラン・エリスンの注釈があるはで完全に仲間落ちですね。でも伏線の貼り方、ちょっとした会話など、古きよきミステリの世界。アシモフの語り口が好きな方なら楽しめる1冊です。

 

 

ミステリ短編集

 

黒後家蜘蛛の会1Tales of the Black Widowers(1974)
収録作品:創元推理文庫 ISBN4-488-16701-2 1976年発行  

改心の笑い/贋物のPh/実を言えば/行け、小さき書物よ/日曜の朝早く/明白な要素/指し示す指/何国代表?/ブロードウェーの子守唄/ヤンキー・ドゥードゥル都へ行く/不思議な省略

毎月1回、ミラノ・レストランで開かれる「ブラック・ウィドワーズ」の会合。集まるのは画家、作家に弁護士、学者などいずれ劣らぬ専門家たち。しかし、この会合で謎が話題に上ると、解決するのは給仕のヘンリーただ1人なのです。ヘンリーの謎解きも興味深いですが、読みどころはなんといってもメンバーたちの楽しい会話と皆が出す様々な謎解き。この連作短編集は雑学の宝庫です。楽しく面白く知識も身に付く、万一無人島に流されるなら是非持っていきたい本です。

(2巻目以降は収録作のみ記載)

 

黒後家蜘蛛の会2More Tales of the Black Widowers(1976)
創元推理文庫 ISBN4-488-16702-0 1978年発行 

収録作品:追われてもいないのに/電光石火/鉄の宝玉/三つの数字/殺しの噂/禁煙/時候の挨拶/東は東/地球が沈んで宵の明星が輝く/十三日金曜日/省略なし/終局的犯罪

 

黒後家蜘蛛の会3Casebook of the Black Widowers(1980)
創元推理文庫 ISBN4-488-16703-9 1981年発行 

収録作品:ロレーヌの十字架/家庭人/スポーツ欄/史上第二位/欠けているもの/その翌日/見当違い/よくよく見れば/かえりみすれば/犯行時刻/ミドル・ネーム/不毛なるものへ

 

黒後家蜘蛛の会4Banquets of the Black Widowers(1984)
創元推理文庫 ISBN4-488-16705-5 1985年発行 

収録作品:六千四百京の組み合わせ/バーにいた女/運転手/よきサマリア人/ミカドの時代/証明できますか?/フェニキアの金杯/四月の月曜日/獣でなく人でなく/赤毛/帰ってみれば/飛び入り

 

黒後家蜘蛛の会5Puzzles of the Black Widowers(1990)
創元推理文庫 ISBN4-488-16708-X 1990年発行 

収録作品:同音異義/目の付けどころ/幸運のお守り/三重の悪魔/水上の夕映え/待てど暮らせど/ひったくり/静かな場所/四葉のクローバー/封筒/アリバイ/秘伝

 

ユニオン・クラブ綺譚 The Union Club Mysteries(1983)
創元推理文庫 ISBN4-488-16707-1 1989年発行 

収録作品:逃げ場なし/電話番号/物言わぬ男たち/狙撃/艶福家/架空の人物/一筋の糸/殺しのメロディー/宝捜し/ギフト/高温 低温/十三ページ/1から999まで/十二歳/知能テスト/アブルビーの漫談/ドルとセント/友好国 同盟国/どっちがどっち?/十二宮/キツネ狩り/組み合わせ錠/図書館の本/三つのゴブレット/どう書きますか?/二人の女/信号発信/音痴だけれど/半分幽霊/ダラスのアリス

ユニオンクラブに集う4人。グリズウォルドはいつものように船を漕いでいる。しかし一旦謎がかけられるや否や彼はすぐさま眼を開け、奇想天外な謎解きを披露する。「黒後家蜘蛛の会」とは同根の作品ですが、ヘンリーがあくまで控えめであるのに対し、グリズウォルドは自慢屋の薀蓄たれ。両方読み比べるのも面白い。

 

小悪魔アザゼル18の物語Azazel(1988)
創元推理文庫 ISBN4-10-218608-5 1996年発行 

収録作品:身長二センチの悪魔/一夜の歌声/ケヴィンの笑顔/強い者勝ち/謎の地響き/人類を救う男/主義の問題/酒は諸悪のもと/時は金なり/雪の中を/理の当然/旅の速さは世界一/見る人が見れば/天と地と/心のありよう/青春時代/ガラテア/空想飛行

身長2センチ、願い事を叶えてくれる小悪魔アザゼル。しかし結果は必ず大迷惑、でも善意は疑えない…ここが悪魔たる所以か?軽く楽しめる一冊です。アシモフには珍しいファンタジーの連作短編集。

 

未訳作品

The Best Mysteries of Isaac Asimov(1986)

The Return of Black Widowers(黒後家蜘蛛の会6・2003)
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。