スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エムズワース卿の受難録 

P・G・ウッドハウス/著 岩永正勝・小山太一/訳 文藝春秋

やっと出ました文春ウッドハウス選集第二弾。
今回は、美しい庭と豚とをこよなく愛する伯爵、エムズワース卿のお話です。

伯爵は「一時にひとつのことしか考えられない男」。なので、心配事があるときに誰かが生きるか死ぬかの相談を持ちかけたって上の空、彼の心は南瓜若しくは豚のもの。なのに彼の周りには、常に厄介な問題事が頻出するからたまったものじゃありません…周囲も伯爵ご本人も。

この本に収録された作品のうち、エムズワース卿の人となりが全面に押し出された「豚、よォほほほーいー!」「伯爵とガールフレンド」と「ブランディングズ城を襲う無法の嵐」の3作品は、特に気にいりました。

「豚、よォほほほーい」は、とーっても浪漫ちっくな作品なのでありますが、ロマンスも伯爵にかかっては豚の二の次三の次。この伯爵の習性が運命を決めちゃう、それで良いのか。
「伯爵とガールフレンド」は、伯爵の人となりがしっかりと描かれ、笑っているうちにほろりとさせられる。伯爵、素敵です。
そして「ブランディングズ城を襲う無法の嵐」では…ここでいろいろ暴露したいのは山々ではありますが、もし私が未読のうちにストーリーを聞かされたら、その人に殺意を抱いたと思われるので割愛致します。スラップスティック度が一番高いとだけ申し上げておきましょう。これは予備知識なしに読むしかないです、ホント。

と、べた褒めで終らせたいところなのですが。
実は伯爵の次男坊フレディーが中心となる作品については、どうも合いませんでした。面白さはわかるのですが、最後まで感情移入出来なかったのです。登場人物が多いのも原因かな?フレディーや彼にまつわる人々の、一人ひとりの個性が飲み込めないまま終ってしまった感じ。
勿論、こちらのほうを面白く思われる人も数多くいらっしゃるでしょう。あくまで好みの問題です、はい。

そうそう、忘れちゃいけないN・T・P・マーフィー氏による序文、これは読み飛ばしてはいけません。この序文を読むと、本編が更に面白く興味深くなります。そして巻末のA・B・コックスの手によるウッドハウス風の文体で綴られたホームズのパロディーは必見!もう本編に負けず劣らず面白いっ。オチも最高です。

ついでに…

下の書映にはありませんが、この本帯がまた良いのです。本の2/3という大きさ、ピンクの豚のイラスト、そしてそこに書かれた宣伝文句には、否応無しに惹き付けられてしまいます。

豚ちゃんや。
わしはおまえと
カボチャと美しき庭が
安泰ならいいのじゃ。
なのに起きるのは騒動ばかり、
どうしたらいいかのう。

そして、カバーをめくるとそこには…

文藝春秋と国書のウッドハウス戦争。内容は甲乙付け難いですが、装丁は文春に軍配を上げたい。あ、冊数と価格は国書です念のため(笑)。

収録作品
序文(N・T・P・マーフィー)/南瓜が人質/伯爵と父親の責務/豚、よォほほほーいー!/ガートルードのお相手/あくなき挑戦者/伯爵とガールフレンド/ブランディングズ城を襲う無法の嵐/セールスマンの誕生/伯爵救出作戦/フレディーの航海日記/天翔けるフレッド叔父さん/文体の問題、あるいはホームズとモダンガール(A・B・コックス)



エムズワース卿の受難録―P.G.ウッドハウス選集〈2〉 エムズワース卿の受難録―P.G.ウッドハウス選集〈2〉
P.G. ウッドハウス (2005/12)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。