スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クライム・マシン 

ジャック・リッチー/著 好野理恵/訳 晶文社

久々に嬉しい短編集を読みました。

簡潔な文体、ウイットに飛んだ会話、ひねりの効いたストーリー展開、そして見事なラスト。50~60年代の短編を髣髴とさせる洒落た雰囲気…と思ったら、やはり書かれたのはこの時期でしたね。なのに短編集としてまとめられたのは本国でも1冊きり、日本ではなんとこの本が最初とは。これだけの作家が埋もれていたなんて勿体無いのなんの。読めば読むほどもっと読みたくなるような、中毒性のある作品ばかり。20世紀半ばの雰囲気を色濃く残しながらも、40年以上経った現在でも、全く古さを感じさせないことに今さらながら驚かされます。

表題作の『クライム・マシン』は「あなたの犯行は全てタイムマシンから見ていた」と告げられた殺し屋の物語。そして不治の病に罹った男の、残された時間の過ごし方『歳はいくつだ』の、妙に親近感を抱いてしまう描写や、異色中の異色探偵カーデュラの活躍を描いた連作『カーデュラ探偵社』他3編も非常に面白いのですが、特に衝撃だったのはやはり中年女性二人の、互いの話を聞かずに自分のことばかりを話しながらも会話が成立しちゃうという妙技(笑)から炙りだされる真実を描いた『旅は道連れ』であります。勿論他の短編も粒揃い。フレドリック・ブラウンやヘンリー・スレッサー等々がお好きだった方には是非是非読んで頂きたい短編集です。

そうそう、今年の『このミステリーがすごい』では堂々の第一位だったようです。これまでは相性のよい作品が少なかった『このミス』ですが、これで見直したわい(笑)。これで続刊が刊行されたらもっと嬉しいのになあ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。