スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリーズ外SF長編 

宇宙の小石Pebble in the Sky (1950)

ハヤカワ文庫SF ISBN4-15-010577-41984年発行

アシモフの長編第1作。また、SF小説で初めて単行本として出版された作品でもある。何万年もの時を越えて、トランター帝国の支配する地球にタイムスリップした老人シュヴァルツが降り立ったのは、放射能に汚染され虐げられた地球だった。そしてトランター帝国を滅ぼそうとする狂信的な一部の地球人達と、地球人であるより人間であろうとする父娘。銀河歴827年、アシモフの未来史としてはファウンデーション以前の銀河帝国最盛期に位置する。

 

暗黒星雲のかなたにThe Stars Like dust(1951)

創元推理文庫 ISDN4-488-60404-8 1992年発行/重版未定

アシモフ初の書き下ろし長編。第一次銀河帝国(ティラン帝国)の圧制の中、地球留学中のバイロンは反乱軍の重鎮であった父を殺され、ローディアの提督に助けを求めるが…
著者自身不満足と述べている作品だが、確かにアイディアとしては中篇向きでしょう。ラストの落ちまでが長すぎて緊張感が持続しない。長編SFという概念すらやっと出来たばかり、いわば黎明期なので仕方ないでしょうが…




宇宙気流 The Currents of Space(1952)

ハヤカワ文庫SF ISBN4-15-010247-3 1979年発行

広大な銀河帝国の中で唯一美しく高価な繊維カートを産出する惑星フロリナ。この地ではフロリナ人が安価な労働力となりカートを製品化し、サーク人が富と権力を一手に握っていた。フロリナの工場地区で赤子のような状態で発見された身元不明の青年リックは、次第に過去の記憶を取り戻しつつあったが、記憶を探るうちに「惑星フロリナが消滅する」と言い出す。リックの記憶を奪った者は誰か?フロリナは本当に危機に瀕しているのか?ミステリ仕立てのストーリーが楽しい、アシモフの長編第2作。年代は明記していないが、トランター帝国最盛期、宇宙の小石以前の物語。




永遠の終り The End of Eternity(1955) 

ハヤカワ文庫SF ISBN4-15-010269-4

時間軸を自在に移動し、好ましからざる過去を矯正する「永遠人(エターニティ)」の技術師ハーランは、1人の地上人の女性と出会うことで「永遠人」の過去への干渉に疑問をもつようになる…。アシモフ唯一の時間テーマSF長編。ノンシリーズとして書かれた本書は、後にファウンデーションシリーズの作品中でも言及されることになるが、アシモフ自身も述べているように未来史との融合としては成功しているとは言い難い…しかしラストはしっかり銀河帝国の誕生を予言している。




ミクロの決死圏 Fantastic Voyage(1966)

ハヤカワ文庫SF ISDN4-15-010023-3 1971年発行

アメリカに亡命する途中、テロで脳に重大な障害を負った物理学者ベネシュ。彼を救うため、5人の専門家がミクロに縮小され、脳の内部から治療することになる。1966年にソール・ディヴィッド監督で制作された同名映画のノヴェライゼーション。アシモフはこの映画の科学的矛盾が我慢出来ず、その後はノヴェライズを手がけていない。しかし当時の映画には付き物だったグラマー美女を書かねばならず、そういう女性の描写を苦手とするアシモフの四苦八苦している様が読み取れて面白い。

 

神々自身 The Gods Themselves(1972)

ハヤカワ文庫SF ISDN4-15-010665-7 1986年発行

平行宇宙よりタングステン186にかえて送られてきたプルトニウム186。この交換により、現世界と平行世界では無限のエネルギーを手に入れることになった。数十年後、この取引に疑問を持ったピーター・ラモントは、プルトニウム186と共に送られてきた文書を解読する。その頃並行宇宙では、変わり者の感性子ディアが、自分の配偶者である理性子と親性子との問題で悩んでいた…
ふとした会話から、現実には存在し得ない「プルトニウム186」をテーマに小説を書く羽目になったアシモフ。約束どおり書き上げた本書はなんと長いことノンフィクション、解説本ばかり書いていたアシモフの15年ぶりの長編SFとなった。本書は会話の切っ掛けを作ったR・シルヴァーバーグに捧げられているが、世界中のアシモフファンも、彼に心よりの感謝を捧げたことでしょう…
1973年度ヒューゴー賞、ネビュラ賞受賞。




ネメシス Nemesis(1989)
ハヤカワ文庫SF ISDN4-15-011178-2 1997年発行

西暦2220年。人工惑星ローターは、病んだ地球を離れ、他の太陽系へと旅立つ。地球人を始めとする人類の殆どは、ローターの目的地が1番近い恒星、アルファ・ケンタウリだろうと予測していた。しかし、ローターの目的地は、宇宙塵によって隠されていた2光年先の恒星、『ネメシス』。ローターで生まれ育った15歳のマルレイネは、人の表情から本音を推察する特異能力で恐るべき事実を知ってしまう。それを防ぐ為にネメシスの衛星エリスロに降り立ったマルレイネは、そこで思いもよらぬ「事件」と出会う。
アシモフ久々のシリーズ外作品。でも病原菌に神経質、他との交流を極力避ける人工惑星が後の「スペーサー」へと発展して行くだろうことは明らかでしょう。




ミクロの決死圏2 Fantastic Voyage II: Destination Brain(1987)

ハヤカワ文庫SF ISDN4-15-011265-7 1999年発行

アメリカの神経物理学者モリスンは、自分の研究を一笑に付され沈んでいた。しかし、ソビエトの科学者が彼の元を訪れ、自国の実験に対し助力を求める。ソビエトで研究中の「人間のミクロ化」を信じきれない彼は断るが、誘拐され、強制的に協力させられることになる。映画会社からの依頼で書かれたものだが、一旦断わり、他の作家が書き始めたものの映画会社から没にされ、再度アシモフにお鉢が回ってきた経緯があり、「自分のプロットで好きなように書かせてくれるならば引き受ける」ということで合意しやっと仕上がった本書。単なるノヴェライズであった「ミクロの決死圏」とは違い、科学解説者の面目躍如の出来上がり。しかし映画はどうなったのでしょう???またお蔵入り?

 

 

木星のラッキー・スター
岩崎書店 ポール・フレンチ名義ラッキー・スター・シリーズ 絶版

舞台は数百年後の太陽系。地球に敵対するシリウス星移民は、太陽系で唯一未開発のまま残されていた土星系を植民地化しようとする。武力攻撃の前線基地になりうるシリウス人の太陽系惑星占拠はなんとしてでも阻止せねば…。科学会議委員ラッキー・スターは、相棒のビッグマンと共に土星へ向う。
う~ん…ロボット3原則、消えた機密文書と読みどころは満載なのですが、このスター君がちょっと…アシモフには珍しく長身の美青年、しかもすぐに地球政府の高官であることを振り回しちゃうし。少年物なのでヒーローはヒーローらしくということなのでしょうが、大人になってから読むには厳しいかも。



太陽系の侵略者  
.岩崎書店 ポール・フレンチ名義ラッキー・スター・シリーズ 絶版 

今回は木星が舞台。9号衛星の地下では重力制御装置「アグラブ装置」の開発が秘密裏に行われていた。しかし、どうもシリウスがスパイを通して情報を入手しているらしい。地球の優位を守るためには、なんとしてでもスパイを見つけ出さねば…ラッキーとビッグマンは、9号惑星の調査に派遣される。
やっぱりラッキーのスーパーヒーローぶりにはついて行けません…。これもストーリーは面白いのですけれど。敵方がロボットを使っているらしいことは分かるものの、ロボットに疎い地球人には見分ける方法が無いところなんて結構楽しかったのです。
できることなら他の小説のように、人間味のある主人公であって欲しかった…。


―参考―

天狼星の侵略 
角川書店 ポール・フレンチ名義ラッキー・スター・シリーズ 絶版・未読

小惑星の海賊 
角川書店 ポール・フレンチ名義ラッキー・スター・シリーズ 絶版・未読

水星基地なぞ
講談社  ポール・フレンチ名義ラッキー・スター・シリーズ 絶版・未読 




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。