スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣客商売 

剣客商売
池波正太郎/著 新潮文庫
数年前から読書仲間に進められていた「剣客商売」。時代物は好きなのだが、全16巻に恐れをなしてしまい、読もう読もうと思いつつも手を出しかねていたのだ。しかしここのところ、出先での待ち時間が多いので、そこで読むのに丁度いいかも?と思い、第一巻を借りてきた。
…いや~、参りました!途中で用事が出来ても読み止められない。他の時代物ではこんなことはなかったのに。兎に角面白いのである。小兵衛の人物設定なんて脱帽するしかない。60の小柄な好々爺で、40も歳の違う愛人(後に女房)おはるとじゃれあい、剣客としては一級品。ああ、なんと捉えどころのない、魅力的なお方なのでしょう(既に惚れてる)。第一巻の中では「まゆ墨の金ちゃん」での小兵衛が良かったですねえ。剣客と親心の板ばさみ、この描写の細やかなことよ。あー、続きが読みたいっ!
 
剣客商売その2
2004・10・18
昨日今日で4冊読了。中毒症状最高潮です♪
『天魔』
これは何といっても「約束金二十両」が面白かった!平内太兵衛さん、この後も出てくるように書いてありましたが何巻なのかな?益々シリーズ制覇に熱が入りますわい(笑)。
『白い鬼』
これは暗い話が多い…でも嫌いじゃないんですよね、同情の余地の無い悪人はしっかりやっつけてくれるし(笑)。
しかし、腕を切り飛ばされてしまう悪人さんの多いこと。この世界にリチャード・キンブルが迷い込んだら、“片腕の男”がいすぎて頭抱えるでしょうねえ。
『新妻』
「鷲鼻の武士」にまず大笑いしちゃいました。どっか抜けてる人って大好きなのです。今後も出てきそうだし、楽しみ。他は重い話が多いけれど、しみじみと読めました。
『隠れ蓑』
やはりお気に入りは「徳どん、逃げろ」。辛酸を舐めてきたらしい、その上強盗を生業とするのに憎めないですね、八郎吾どん。実は密かに小兵衛さんちに押し入る場面を期待してたのですが、残念(笑)。そして「隠れ蓑」に涙…。こういうのって弱いワタシ。

眠い… 剣客商売その3
2004・10・21
何故眠いかって?聞かないで下さいよお今更(笑)。
『狂乱』
いや~、何とも虚しいけど、でも読後感が悪くならないところが良いですねえ。「狂乱」は特に。
『待ち伏せ』
若き日の小兵衛が垣間見られる1冊です。大治郎も父親に似てきたような…。彼も30年後には好々爺になるのだろうか(笑)。
『勝負』
小兵衛も遂におじいちゃま。だからか、ほのぼのする話が目立ちます。「その日の三冬」は寂しかったけれど…三冬さん、以前はあまり好みではなかったけど、最近好感度アップです~。
『春の嵐』
わぉ・長編ですか。流石に長編も面白いっ。でも、短編のリズムに慣れてしまったし…やっぱり短編でしみじみが好みですなあ。これは他のと離してじっくり読んだほうがいいのかも。

剣客商売その4
2004・10・22
昨日今日でさらに4冊。
『十番斬り』
表題作「十番斬り」の壮絶さ、「同門の酒」の、どこなくほのぼのした風情、そして「逃げる人」。この1冊は粒ぞろいでした。

『波紋』
う~ん、因縁のすさまじきことよ。小兵衛の好みの女性も分かりませんなあ(笑)。かなり凝った短編が多かったような。

『暗殺者』
2冊目の長編。大治郎に勝るとも劣らぬ剣客が出てくるのでは、やはり短編に収まりきれますまい。この波川周蔵は良いですね~。

『二十番斬り』
おやおや、これも長編。しかもあの小兵衛さんが冒頭眩暈を起こすのだからびっくり。「短編のほうが…」と書いた私ですが、前言撤回この2編で長編の魅力にはまりました~。

剣客商売その5
2004・10・25
遂に剣客商売最終巻。あーあ、読み終わってしまった…。

『浮沈』
山崎勘之介…このキャラクターは異質ですね。しかしシリーズ最後の作品には相応しい人物かも。小兵衛さんや他の登場人物の将来にも触れてあって、思わず唸ってしまいました。でも…でももっと読みたかったなあ、このシリーズ。

『ないしょ ないしょ』(剣客商売番外編)
女性を主人公にした長編。小兵衛は時折顔を出すだけですが、流石の存在感。50代の小兵衛さんも良いですねえ。10代半ばで両親を亡くし下女となったお福の人生の凄まじきことよ…。これは早いとこ購入せねばなりませんな。

現在は同じく番外編の『黒白』中。こっちも面白いけれど、これを読了してしまったら、もう全て終わりなんだな…寂しいっ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。