スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紙葉の家 

マーク・Z・ダニエレブスキー/著 嶋田洋一/訳 ソニーマガジンズ

アパートの一室で、孤独な老人が死んだ。そのアパートに住む友人に頼まれ、部屋の片づけを手伝うことになったジョニーは、そこでおびただしい数の紙束を見つける。そこに書かれていたのは、『ネヴィットソン記録』と名づけられた記録映画の解説だった。
物語は、『ネヴィットソン記録』の内容と、ジョニーの手記が交互に進む形になっている。『ネヴィットソン記録』には、関係を修復しようと引っ越してきた写真家ウィル・ネヴィットソンの一家が、新しい家で体験した恐ろしい事件が事細かに記されている。外壁よりも長い室内、突如出現した廊下、その奥にある果てしない虚無…その上ネヴィットソンのふたりの子供たちが、全く同じに真っ黒の廊下の絵を何枚も描くのだ。
これだけでも充分に奇怪なのに、ばらばらの紙片に記されたこの記録をまとめようとする青年ジョニーの精神が次第に崩壊する様は同じように壮絶である。虚無の、果てしない暗闇の恐ろしさ。確固とした拠り所がひとつも無い不安定さ。

縦書きだった文章が横書きになり、天地が逆に書かれ、鏡文字になり棒線で消され…。活字をひたすら追い続け、本をぐるぐる回し、鏡に映していると、小説を読んでいるのだということを忘れ、この虚無が現実のものとして迫ってくるように感じられる。これ、実は真面目に恐かった…
そして、やっと『ネヴィットソン記録』から抜け出しほっとするのもつかの間、最後の、ジョニーの母親の手記でまた混沌に引きずり込まれるのだ。
「この紙葉をめくる者、すべての希望を捨てよ」…全くその通り。

装丁はとっても綺麗なのだけど、この厚さと重さ。ぐるぐる回しながら読むのは、特に借り本なので神経使うし。まっこと辛かったっ(笑)。注釈の細かい活字が何ページも続くし。
しかしそれだけのことはある。一部変態本との声もあり、勿論充分に頷けるのだが(笑)滅多なことでは感服しない活字中毒者でも諸手を挙げて「参りましたっ!」と言うしかない本だと思う。

紙葉の家 紙葉の家
Mark Z. Danielewski、嶋田 洋一 他 (2002/12)
ソニーマガジンズ
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。