スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輝くもの天より堕ち 

ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア/著 浅倉久志/訳 ハヤカワ文庫

銀河系のはるか周辺部、星ぼしの果てるところにある惑星ダミエム。空に輝くのは「殺された星」のノヴァの光、住んでいるのは妖精のように美しく儚い人々…

 

人類の欲望のための犠牲にされていたこの星の住人を保護するために任命された連邦行政官であるキップら3名と、最後のノヴァの輝きを見に訪れた観光客の一行という限られた人数の中で起きる事件。 閉鎖的な環境といえばこれ以上のものはないでしょう。そこで犯される犯罪と犯人探し、封印された過去から蘇る忌まわしい記憶と、主人公たちが陥る絶体絶命の危機。なんて盛りだくさんで贅沢なエンタティーメントであることか。

 

人間の内面を深く掘り下げていくようなSF、頭を絞りに絞って自分なりの解答を求めねばならないSFも嫌いではないですが、195060年代の米国SFに馴染んだ自分としては「これぞSF」なのです。「殺された星」にまつわる物語や、そこに住んでいた種族の最後の一人が言う台詞なんてもう「これぞSF」なのです。

 

…ミステリ部分については、犯人像が他の登場人物に比べると薄っぺらで類型的と感じちゃうのですが。

 

それでも人類の崇高さと残酷さ、償いきれない罪、そして明日への希望を(多少の苦さが混じるところがまた…)古典的手法を用いながらも余すことなく描き上げています。

 

やっぱりティプトリー・ジュニアはすごい。

輝くもの天より墜ち (ハヤカワ文庫 SF テ 3-6) 輝くもの天より墜ち (ハヤカワ文庫 SF テ 3-6)
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア (2007/07)
早川書房
この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

マリナー氏の冒険譚 

P・G・ウッドハウス/著 小山太一/訳 文藝春秋社

 

ある居酒屋で、常連のマリナー氏が他の客に語る物語の数々。

読み始めてすぐ、ふと思う…

これってクラークの「白鹿亭奇譚」?

いや。考えてみればこっちのほうがずっと先だ。

もちろんアシモフの「ユニオンクラブ奇譚」よりも。

そうか、彼らのあの作品が読めたのも、ウッドハウスが先鞭をつけてくれたからなのか。

 

マリナー氏の名誉のために言っておくが、マリナー氏はハリー・パーヴィスやグリズウォルド氏よりも紳士的ではある…比較的。

物語はウッドハウスお得意の恋愛劇が多い。叔母さんはあまり出てこないけど、その分かのロバータ・ウィッカムを始め若い女性が活躍するし、男性陣は相変わらず高齢の紳士でも妙に可愛い(笑)。

 

ちょっと気になったのが、本書はマリナー氏ものだけで構成されているのではないこと。いや、作品そのものがどうこうと言うわけではなく、他にもシリーズ作品があるのだから、そっちを優先して欲しかったと思うのだ。そしてエッセイや他の作品は別にまとめて一冊に…と願うのは贅沢だろうか?それでも読みたいファン心理。ついでに言えば、本文中も「ミスター・マリナー」ではなく「マリナー氏」で統一して欲しかったな。すぐ慣れて気にならなくはなったのだけど。

まあ、それを差し引いたって今回も満足、満足でありました。

 

ウッドハウスの作品は、今後も文春や国書で刊行が予定されているけど、出来ればこの際全作品を翻訳してほしいものである。

 

収録作品

ジョージの真相/にゅるにょろ/お母様はお喜び/アンブローズの回り道/人生の一断面/マリナー印バックーU-アッポ/主教の一手/仮装パーティーの夜/アーチボイルド式求愛法/マリナー一族の掟/アーチボイルドと無産階級/オレンジ一個分のジュース/スタア誕生/ジョージとアルフレッド/ストリキニーネ・イン・ザ・スープ/もつれあった心/フランシス・ベイコンと手直し屋/ピンクの水着を着た娘

 

マリナー氏の冒険譚 (P・G・ウッドハウス選集 3) マリナー氏の冒険譚 (P・G・ウッドハウス選集 3)
P.G.ウッドハウス (2007/07)
文藝春秋
この商品の詳細を見る

SFマガジン 

10数年ぶりにSFマガジンを購入した。特集が「カート・ヴォネガット追悼」なんだもん。

しかし、以前時々購入していた頃はどこの書店でも置いてあって当たり前だったのに、今回探してみたら無い、無い、無い。ひどい所になると店員さんがこの雑誌の存在すら知らなかったりする…

 

あまりにひどいんじゃありません?

 

それはさておき。

今回の中身は、ヴォネガットのインタビュー以外は追悼記事程度で、期待したほどのものではなかった。未訳の短編のひとつも載っているかと期待したんだけどなあ。まあ解説付きの著作リストがあったのでよしとしますか。

この著作リストを眺めていて、既読にも関わらず内容がうろ覚えの作品が多いことに気がついた。追悼記事の内容を云々する以前に読み直さねば。

 

昔、貪るように読んだSF作家の多くが鬼籍に入ってしまった中で、唯一頑張ってくれていたヴォネガット氏。あなたに神のお恵みを。

 

 

S-Fマガジン 2007年 09月号 [雑誌] S-Fマガジン 2007年 09月号 [雑誌]
(2007/07/25)
早川書房
この商品の詳細を見る

夏休み 

復活宣言した早々に一週間以上も開いてしまいました、すみません~。

月末に内職(校正モドキ)が入って、これがまた大量だ~~~。十分並の単行本一冊分あるじゃないか。

普通このくらいの分量だと二人に半分ずつ分けてくれるのだけど、夏休みということで、他の校正さんの都合がつかなかったらしい。ええ、頑張りましたよ秋の新刊ラッシュのために(笑)。

なので読みかけだったマリナー氏も中断のまま。今日無事届けてきたのだけど、今夜はこれから明日の北海道旅行の準備をせねば、なのだ。なんたって20年ぶりの北海道ですもん♪烏賊も帆立もおいしい夏ですもん♪

 

もちろん浮かれてばかりはおりませぬ。荷物の中にはしっかりP・D・ジェイムズの「灯台」とJ・ティプトリー・ジュニアの「輝くもの天より堕ち」、さらに手持ちバッグの中にはカール・ハイアセン「復讐はお好き?」が入っております。着替えの用意より先に本を入れるワタクシ…まあこれで普通か(笑)。

 

行きは飛行機だけど帰りは長~い電車の旅だし、もう一冊何か探そうかな。ここ一週間禁読書で仕事に勤しんでいたもん、今読みたい虫がむずむずなのだ。

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。