スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年の読書 

今年もどうぞ宜しくお願いします。

…と言えるほどに更新していないのが寂しいですが。

読めない読めない!と騒ぎ続けた2007年でしたが、終わってみれば目標年間読了数を僅かに上回っていました(ほっ)。今年も引き続き目標150冊。ああ、200冊読めてた数年前が懐かしい。

 

------------------------------------------------------

1月・15作品16冊

「雨を見たか~髪結い伊佐次捕物余話」宇江佐真理
「犬を真面目に考える」ジョエル・ドゥハッス
「モンティニーの狼男爵」佐藤亜紀
「紙の空から」スティーヴン・ミルハウザー他
「真昼のプリニウス」池澤夏樹
「「血染めのエッグ・コージィ事件」ジェームズ・アンダースン
「春風ぞ吹く」宇江佐真理
「ひとりっ子」グレッグ・イーガン
「マシアス・ギリの失脚」池澤夏樹
「聖騎士スパーホーク」デイヴィッド・エディングス
「ブルックリンの八月」スティーヴン・キング
「ミスター・ヴァーティゴ」ポール・オースター
「ぺギー・スー1~6セルジュ・ブリュソロ
「ボルヘス怪綺譚集」ホルヘ・ルイス・ボルヘス
「文明崩壊(上下)」ジャレド・ダイアモンド
「壁抜け男」マルセル・エイメ
「ルイの九番目の命」リズ・ジェンセン
「ハリウッド殺人事件」ジェームズ・アンダースン
「証拠が問題」ジェームズ・アンダースン
「殺意の団欒」ジェームズ・アンダースン
「タムール記2~炎の天蓋」デイヴィッド・エディングス
「ザ・カルチャークラッシュ」 ジーン・ドナルドソン
「切り裂かれたミンクコート事件」ジェームズ・アンダースン
「狼の一族」 アンソロジー 若島正/編
「犬の行動学」 エーベルハルト・トルムラー
15作品16冊

2月・10作品10冊
「壁抜け男」マルセル・エイメ
「ルイの九番目の命」リズ・ジェンセン
「ハリウッド殺人事件」ジェームズ・アンダースン
「証拠が問題」ジェームズ・アンダースン
「殺意の団欒」ジェームズ・アンダースン
「タムール記2~炎の天蓋」デイヴィッド・エディングス
「ザ・カルチャークラッシュ」 ジーン・ドナルドソン
「切り裂かれたミンクコート事件」ジェームズ・アンダースン
「狼の一族」 アンソロジー 若島正/編
「犬の行動学」 エーベルハルト・トルムラー
25作品26冊  

3月・7作品7冊
「人間の手がまだ触れない」 ロバート・シェクリイ
「青き薔薇の魔石~タムール記3」 デイヴィッド・エディングズ
「あなたの犬は幸せですか」シーザー・ミラン
「ミス・ブロウディの青春」ミュリエル・スパーク
「調律師の恋」ダニエル・メイソン
「ガラスの中の少女」ジェフリー・フォード
「記憶の書」ジェフリー・フォード
32作品34冊 

4月・9作品10冊
「棄ててきた女」異色作家短編集・アンソロジーイギリス編
「エソルド座の殺人」異色作家短編集・アンソロジー世界編
「犬のしつけは6ヶ月で決まる」ジョエル・ドゥハッス
「暗黒の魔術師~タムール記4」デイヴィッド・エディングス
「テロル」ヤスミナ・カドラ著
「聞き屋与平」宇江佐真理著
「文学刑事サーズデイ・ネクスト3 上下」ジャスパー・フォード
「明治天皇 1」ドナルド・キーン
「ジーヴスと朝のよろこび」P・G・ウッドハウス
41作品44冊 

5月・15作品19冊
「明治天皇2~4」ドナルド・キーン
「七つの人形の恋物語」ポール・ギャリコ
「みれん」アルトゥール・シュニッツラー
「魔法使いハウルと火の悪魔」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「アブダラと空飛ぶ絨毯」       〃
「冥界の魔戦士~タムール記5」エディングス
「神を見た犬」ブッツァーティ
「失われた探険家」パトルック・マグラア
「観光」ラッタウット・ラープチャルーンサップ
「カプールの燕たち」ヤスミナ・カドラ
「侠客 上下」池波正太郎
「デモナータ一幕~ロード・ロス」
「デモナータ二幕~悪魔の盗人」
「デモナータ三幕~スローター」
「坊主雨‐仇討小説集 」池波正太郎
「稲妻‐武士道小説集」池波正太郎
56作品63冊    

6月・9作品10冊
「バッテリー」1・2 あさのあつこ
「夜中に犬に起こった奇妙な事件」 マーク・ハッドン
「物しか書けなかった物書き」 ロバート・トゥーイ
「バルザックと小さな中国のお針子」ダイ・シージェ
「忘却の船に流れは光」田中啓文
「天と地の戦い」デイヴィッド・エディングス
「デモナータ~第4幕ベック」ダレン・シャン
「夜愁・上下」サラ・ウォーターズ
「老人と宇宙」ジョン・スコルジー
65作品73冊    
 
7月・10作品24冊
「ちんぷんかん」畠中恵
「まんまこと」 畠中恵
「バッテリー3~6」あさのあつこ
「幽霊たち」ポール・オースター
「真田太平記1~12」池波正太郎
「ベルリン1919」クラウス・コルドン
「ベルリン1933」クラウス・コルドン
「ベルリン1945」クラウス・コルドン
「泥棒は深夜に徘徊する」ローレンス・ブロック
「国のない男」カート・ヴォネガット
75作品97冊 

8月・7作品9冊
「マリナー氏の冒険譚」P・G・ウッドハウス
「復讐はお好き」カール・ハイアセン
「灯台」P・D・ジェイムズ
「輝くもの天より堕ち」ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
「葉隠入門」三島由紀夫(ン十年ぶりの再読)
「気分はフル回転!」ジャネット・イヴァノビッチ
「モンテ・クリスト伯 上中下」A・デュマ(岩波少年文庫)
82作品106冊   

9月・8作品8冊
「ゴーレム100」アルフレッド・ベスター
「悪魔の薔薇」タニス・リー
「ずっとお城で暮らしてる」シャーリイ・ジャクスン(新訳なのでカウント)
「パンプルムース氏とホテルの秘密」マイケル・ボンド
「災いの古書」ジョン・ダニング
「記憶をなくして汽車の旅」コニス・リトル
「すべての終わりの始まり」キャロル・エムシュウィラー
「骨は珊瑚、眼は真珠」池澤夏樹   
90作品114冊

10月 10作品12冊
「ブランディングス城の夏の稲妻」P・G・ウッドハウス
「数学的にありえない 上下」 アダム・ファウアー
「つくもがみ貸します」 畠中恵
「アナン 上下」 飯田譲治
「殺しはノンカロリー」コリン・ホルト・ソーヤー
「四方を統べる神」デイヴィッド&リー・エディングス
「額の宝石」マイクル・ムアコック
「赤い護符」
「夜明けの剣」
「杖の秘密」
100作品126冊

11月17作品20冊
「ブラス城年代記1・ブラス伯爵」マイクル・ムアコック
「ブラス城年代記2・ギャラソームの戦士」マイクル・ムアコック
「ブラス城年代記3・タネローンを求めて」マイクル・ムアコック
「ローマ人の物語~終わりの始まり・上中下」 塩野七生
「四方を統べる神」 デイヴィッド&リー・エディングス
「殺しはノンカロリー」コリン・ホルト・ソーヤー
「殺しが二人を分かつまで」
「賭博者」ドフトエフスキー
「ダイヤルAを回せ」ジャック・リッチー
「英国紳士、エデンへ行く」マシュー・ニール
「[ウィジェット]と[ワジェット]とボフ」シオドア・スタージョン
「パーチウッド」ジョン・バンヴィル
「深夜特急1・香港、マカオ」沢木耕太郎
「深夜特急2・マレー半島、シンガポール」沢木耕太郎
「憑神」浅田次郎
「灯台守の話」ジャネット・ウィンターソン
「セル 上下」スティーヴン・キング
117作品146冊

12月4作品5冊
「また会う日まで・上下」ジョン・アーヴィング
「蛇民の兵団」デイヴィッド&リー・エディングス
「赤鬼奉行根岸肥前」風野真知雄
「トルストイの民話」レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ
122作品151冊

スポンサーサイト

SFマガジン 

10数年ぶりにSFマガジンを購入した。特集が「カート・ヴォネガット追悼」なんだもん。

しかし、以前時々購入していた頃はどこの書店でも置いてあって当たり前だったのに、今回探してみたら無い、無い、無い。ひどい所になると店員さんがこの雑誌の存在すら知らなかったりする…

 

あまりにひどいんじゃありません?

 

それはさておき。

今回の中身は、ヴォネガットのインタビュー以外は追悼記事程度で、期待したほどのものではなかった。未訳の短編のひとつも載っているかと期待したんだけどなあ。まあ解説付きの著作リストがあったのでよしとしますか。

この著作リストを眺めていて、既読にも関わらず内容がうろ覚えの作品が多いことに気がついた。追悼記事の内容を云々する以前に読み直さねば。

 

昔、貪るように読んだSF作家の多くが鬼籍に入ってしまった中で、唯一頑張ってくれていたヴォネガット氏。あなたに神のお恵みを。

 

 

S-Fマガジン 2007年 09月号 [雑誌] S-Fマガジン 2007年 09月号 [雑誌]
(2007/07/25)
早川書房
この商品の詳細を見る

ウッドハウス情報 

文芸春秋社刊「マリナー氏の冒険譚」を読んでいます。著者ウッドハウス氏の処方箋に忠実に、一日2編まで・・・とは行きませんな、勿論。

感想は後日ここに書く予定ですが、一番に目を引いたのが帯に記された

「続刊決定」の文字!

何と「ユークリッジの商売道」と「ドローンズの交遊帖」が刊行だそうな。

 

国書刊行会も当初の予定を遙かに超えてジーヴスものを出し続けてくれていて喜んでいたのに、文春でも続刊決定とは、なんとも嬉しいニュースです。刊行がいつになるか書かれていないのが辛いところだけど、大人しく待ちますよ、ええ。

ちなみにこの「マリナー氏」もとっても面白い!国書さん文春さん、出してくれればちゃんと買いますよ~。だからどんどん刊行して下さい♪

 

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。